早期教育とは具体的に何をするの?

子供の才能を開花させる!目的に合わせた早期教育の情報サイト

早期教育の種類とその特徴

早期教育とは、様々な子供の脳の発達研究から生まれた子供の教育手法です。
子供の脳が柔軟な間は、吸収力や順応力が高く生まれ持った才能を効率よく開花させ、将来の可能性を広げることに繋がります。
知的好奇心を促進させ、子供の自尊心を高めることで学習面だけでなく、社会性・情緒面・独創性の発達も期待できます。

では具体的にどういったことを行うのでしょうか。
「三つ子の魂百まで」ということわざもありますが、早期教育には様々なものがありそれぞれに大切な時期や適した時期が設定されています。
有名なシュタイナー教育では、0歳で物体が生まれ7歳で生命体が生まれる、14歳で感情体が生まれ21歳で自我が生まれるとされています。
その7年ごとに重要なプログラムが決まっています。
久保田式では0歳児の教育を大切にしています。
0歳児の声掛けやスキンシップが重要とされています。
七田式では、3~6歳の間は右脳の働きが左脳に移っていく時期とされています。
個性・感性・創造性を司る右脳と言葉や文字などで表現する左脳をバランス良く教育していきます。
また、リトミックでは3歳までに脳の70%以上が出来上がると言われていることからその間の基礎能力を養うことが大切と言われています。
音楽に合わせて、脳や体の発達に合わせた基礎能力の成長プログラムが組まれています。
絶対音感を身につけたり、運動神経の発達には6歳までが重要な時期と言われています。

このように様々な研究から早期教育メソッドが生まれ、それぞれがその研究結果から発達段階に合わせて適した教育を行っています。
自分の子供の性格やどう育てていきたいのかを明確にし、適した教育法を選んでいくとよいでしょう。