子供の才能を開花させる!目的に合わせた早期教育の情報サイト

早期教育を知って効果的な教育を!

七田式教育とは

七田式教育では、右脳と左脳をバランスよく成長させる教育を行っています。
右脳は直感に関係した脳で感情や創造力、ひらめきに関わります。
左脳は言語や計算といった理論で働く脳です。
右脳の発達が左脳の効力を発揮させると考えられており、七田式では脳の成長が著しい時期に右脳の開発を行い、時期を見てその効果を左脳に移すことでバランスの取れた人格育成を目指しています。

七田式ではフラッシュカードを用いた右脳教育が有名です。
絵や文字の書かれた大量のカードを高速で見せることで、右脳の高速処理能力を鍛え、語彙力、理解力、表現力、記憶力がアップすると言われています。
その他にも、ドッツという右脳の持つ計算能力を目覚めさせる教材やイメージトレーニング教材、暗唱により右脳の記憶回路を刺激し脳の質を高める暗唱文集教材などを用いた教育も行われています。

公文式早期教育とは

小学生の習い事でも有名な公文式ですが、0歳~2歳時向けの教育法も確立されています。
この年齢の時期のことばの働きかけや、やりとりが子供の脳を活性化させるとされており、そのための教材が用意されてます。
赤ちゃんは言葉の意味を理解はしていませんが、歌や読み聞かせによって様々な反応をします。
これは感情をつかさどる大脳辺縁系に働きかけており、将来のしつけややる気、人とのコミュニケーション力にも強く関係しているとされています。
公文式では、赤ちゃんの時から歌いかけ、読み聞かせなどで良い刺激を与えることが子供の成長に必要とされているため、うたブックとCDや絵本、やりとりブックという遊び絵本などが用意されています。


このPostをシェアする