子供の才能を開花させる!目的に合わせた早期教育の情報サイト

感性を育くむ早期教育

絶対音感を身につける音楽教室

絶対音感とは、音を聞いて即座に音名つまりドレミで把握することのできる感覚のことです。
2つの音を比べてどちらが高いか低いかを判断する相対音感とは違い、1つの音を直接的に音名で判断できるのが絶対音感です。
木下式、江口式など様々な絶対音感プログラムがあり、どんな手法を用いるかはその音楽教室によって違います。
インターネットを用いた訓練システムや通信教育などもあります。
具体的なレッスン方法としては、和音判別法があります。
基礎となる和音を記憶し、記憶した和音を単音に分けて判別できるようにした後、
さらに音域を拡大していきます。
この訓練は音に集中する環境が必要なため、個人レッスンで行われることが多いようです。
また日々の自宅での練習も大切にされており、家庭での努力も必要となります。

運動神経を発達させるための教育法

大人の神経系を100%としたら、生まれてから5歳までにその80%が出来上がるという説があります。
そのため、その時期までの運動の経験がその後の運動神経に大きく関わってくるとされ、幼児向けの体操教室やリトミック教室などがたくさんあります。
その中でも子供の運動神経の発達を目指した運動教室「リトルアスリートクラブ」では、どんなスポーツでも特異になれる基本動作を鍛えるプログラムが考えられています。
その基本動作とは、「蹴る・走る・切り替える・跳ぶ・着地する・捕球する・打つ・投げる・ボールをつく・回る・ひねる・バランスをとる」といったもので、1つのスポーツに限られることなく楽しみながら基本動作を身につけ、その後どんなスポーツに移行しても充分に力を発揮できるような教育がされています。


このPostをシェアする