子供の才能を開花させる!目的に合わせた早期教育の情報サイト

早期教育をするべきか?

早期教育のメリット

早期教育を受けることにより得られるメリットはたくさんあります。
まずは、脳の働きに及ぼす影響です。
脳は刺激を受けることで発達します。
さらに幼児期というのは脳が柔軟なため、その刺激を大いに受け効果も期待できるのです。
また幼児期でないと身に付けることのできない能力もありますので、将来その能力が必要となったときに早期教育のメリットを実感できるでしょう。

幼児期の教育には親の関りが必要不可欠です。
親子で共通の時間を過ごし、一緒に継続することで親子の絆が深まります。
信頼関係を築くことはその後の生活にも良い影響があります。

早期から一定の訓練や学習を継続することで、小学校へ入ってからも学習する習慣が身につきやすく、早い段階で効率よく習得できるようになります。

早期教育を行う上での注意点とデメリット

早期教育は脳が柔軟な時期に刺激を与えるものですので、その手法を間違えると弊害が出てしまうこともあります。
例えば、インプットばかりの一方通行の刺激ばかりを与えていると、自分で考える力や自発性、創造性が伸びにくくなるという人もいます。
また右脳を重点的に刺激する教育法もありますが、右脳を鍛えたことで能力が上がったことを示す研究データが少ないという指摘もあります。

また早期教育の効果は小学校入学時ごろまでという意見もあり、長期的な有効性については立証されていません。
早期教育はあくまでも子供の自発性を高め、将来の可能性を延ばすための手段の一つであって、親の理想を押し付けるものではありません。
過度な期待や親同士の競争は、子供のストレスとなり逆効果です。
子供と二人三脚で信頼関係を築きながら、健やかな成長と将来の可能性を広げるために効果的に早期教育を取り入れていきましょう。


このPostをシェアする